【持っているとお得】暴落に強いお勧めの米国株3選

  • URLをコピーしました!

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

こんな人にオススメ

・高配当投資でFIREを目指している投資初心者~中級者

・いつくるかわからない暴落が怖いから暴落に強い銘柄を探している。

・プロが選ぶ銘柄に投資してみたい

ギール
ギール

こんにちは!ギールです!

今回の記事の内容は以下の通りです!

今回の記事の内容

  • 暴落に強いに強い銘柄の特徴
  • ベライゾンリソシーズ
  • JPモルガンチェース
  • バークシャー・ハサウェイ
  • どうやって情報を得ているの?

2021年~2022年1月までは

  • Google
  • Amazon
  • Facebook
  • apple
  • テスラ

などハイテク株を中心にグローバルで見ても堅調さを保っている株相場ですが、今はFRBは

「これまでの経過は、成長を鈍化させ、落ち込んだ供給に需要を合わせるために金融状況を引き締めるという点では連邦準備制度の目標と引き続き合致している」

「いかなる犠牲を払ってもインフレを鈍化させる決意の連邦準備制度と、市場は折り合いを付けつつある」

引用元 17日のイベントで発言したパウエル議長
Source: Bloomberg

と発言し0.5ポイント利上げをして金融引き締めをすると発表し株価が下落しています。

Bloomberg.com
米FRBは0.5ポイント利上げ推し進める構え崩さず、株価下落でも パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が低迷する株式市場の救済に乗り出すことは少なくともまだ期待できない見通しだ。

なので2020年の新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた株暴落のように、いつ本格的暴落が発生するかは予測が困難です。

このページでは、2015年から「定期積金3年と純金積み立て」から投資スタートし

2019年に純金積み立てからiDeCoをはじめとする投資信託に乗り換え、2020年から日米株を続けている私、ギールが実際に投資している銘柄の中で【暴落に強いお勧めの米国株3選】紹介します!

※米国株取引手数料0円で取引できる証券会社

米国株は成長が見込めて魅力だけど、取引手数料は日本株に比べて実はけっこう高い…。

できるだけコストを抑えて取引したいならDMM株がおすすめ。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありです!

>>DMM 株の無料口座開設はこちら

>>DMM株の口コミとレビューはこちら

目次

暴落に強いに強い銘柄の特徴

結論から言いますと以下の3つの特徴があります。

暴落に強いに強い銘柄の特徴
  • リーマンショックなどの暴落でも耐えている
  • 連続増配している
  • 安定した利益を出している
  • 時価総額が高い

例えば、景気が悪くても私たちは

  • 食品を買って食べる
  • 洗濯をするために洗剤を買う
  • 歯磨き粉や歯ブラシを買って歯の健康を維持する
  • 病気やけがをしたら病院へ行って治療する

といった事をしますよね。

そのため、一部の例外を除けは景気に左右されにくい銘柄を選ぶのが良いです。

ベライゾンリソシーズ

時価総額2,158億ドル
配当利回り5.0%
セクター情報

日本でも知名度が高い通信大手のベライゾンコミュニケーションズも、有望な米国株のディフェンシブ銘柄の一つです。

子会社を通じて、通信、情報、エンターテイメント製品及びサービスを消費者、企業、政府機関に提供しています。

しかも、連続増配年数が38年とかなり優秀です。

850億ドル以上の資産を扱う世界最大級の期間投資会社2,500万社の運用代理を行う専門機関なので

長期的に売上高や営業利益などといった業績もよく、簡単に潰れない安心感があります!

JPモルガンチェース

時価総額3,855億ドル
配当利回り3.0%
セクター金融

JPモルガンチェースは時価総額3,800億ドルを誇る米国最大の複合金融機関です!

本来は金融セクターは景気に左右されやすい銘柄なのですが、JPモルガンチェースは例外的に

リーマンショックやコロナ過でも黒字の業績を出して優秀です。

また、2017年から連続増配し約2倍を推移している事から人気も高いです。

引用元 マネックス証券 米国株分析スカウター

政府の政策金利や景気に左右されやすい金融セクターであるJPモルガンチェースがなぜここまで暴落に強いのか

こちらの記事によると、

  • 経済成長性
  • FRBの制作の恩恵
  • 収益の伸び

などが挙げられます。

BUSINESS INSIDER JAPAN
JPモルガンが「2022年もアメリカの株式市場では強気相場が続く」と考える理由 「テクノロジー企業は全般的に好調だ。株価は通常、年初には良好なパフォーマンスを示す」とJPモルガンは述べ、1月の株式市場の堅調なパフォーマンスを予想しています。

バークシャー・ハサウェイ

時価総額7,040億ドル
配当利回りなし
セクター保険

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.)は多様な事業を運営するコングロマリットです。

保険を始めとする金融・鉄道・電気およびガス・製造・食料品と非食料品の卸売・小売業などあらゆる事業を展開しています。

こちらは配当金を出さずに株価の成長で投資家に貢献しているのですが

超長期間に渡って優れたパフォーマンスを維持しています。

これらの右肩上がりの成長を遂げているのは、世界的に有名な投資家であるウォーレンバフェット氏にあります。

ウォーレンバフェット氏はオマハの賢人と呼ばれ、その言動やポートフォリオが世界のあらゆる投資家から注目されています。

そんな注目を浴びているウォーレン・バフェットが多角的に事業展開をしているため、暴落に強い銘柄と言えます!

どうやって情報を得ているの?

株式投資で良い成績をえるためには、特に個別銘柄に投資するなら情報収集や分析はもちろん、政治・経済に関するニュースも日々チェックしていくことが不可欠です。

株式投資に興味があるけど株の情報収集って面倒くさい

私も含めて、そう思っている方、本当に多いと思います。

そんな方におすすめなのが、以下の3つです。

オックスフォードインカムレター

まず最初におすすめするのが、米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレターです。

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

私も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

更に永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。


>> 無料メルマガに登録してみる

無料のオンライン講座【投資講座】

本格的に投資の勉強をしたい方なら無料のオンライン講座【投資講座】がおすすめです!

今なら無料でオンライン講座で有料級の情報を提供してくれます!

現在生徒数は毎週約100人増加中で、 無料体験動画を視聴して頂いた方々の10〜30%が本入学しております。

主な特徴として

・校長は日経新聞から投資書籍を出版

・講師は世界三大投資家ジム=ロジャーズ氏や、  東京大学名誉教授の伊藤元重氏や、  元税務署長、著名不動産鑑定士、著名公認会計士ら。

・講義数は日本一に第三者機関から認定

・今でも毎日のように新着講義がアップされている。

・ニュース解説も豊富

とお金を払っても十分に元が取れる講義するので、この機会に登録してみるとよいです。

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人になる投資講座】

『旬の厳選10銘柄シリーズ』

今後、爆上がりする銘柄を知りたいけど、プロに教えてほしい!

そんな方は『旬の厳選10銘柄シリーズ』がおすすめです!

株歴40年超の熟練投資家ある藤ノ井 俊樹氏が、これまでの膨大な投資知識を元に今後爆益を生み出してくれる投資投資銘柄をご紹介してくれます!

単なる推奨銘柄リストではなく、なぜ今この株を買い!とするのかその根拠を示しながら、 上値下値目処など具体的な戦略を藤ノ井氏自らが解説した動画もありますので、 経験の浅いビギナーでもご活用いただけます。

今なら「解説動画(オンライン)」+「旬の厳選10銘柄リスト(PDF)」 さらに【3つの購入特典】をプレゼント!

気になる方は、ぜひ登録してみてください!

株歴40年超のプロが今、買うべきと考える銘柄
『旬の厳選10銘柄』シリーズ最新号公開中!

米国株に取引手数料ゼロで投資

米国株ETFもいいけど個別の米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券、PayPay証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

こちらの比較表をみてみると日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。


取引手数料
最低手数料上限手数料為替手数料
DMM株無料無料無料25銭
SBI証券0.45%無料20ドル25銭
楽天証券0.45%無料20ドル25銭
マネックス証券0.45%無料20ドル25銭(買い付けのみ無料)
PayPay証券基準価格の
0.5~0.7%
0.5%0.7%35銭
2021年9月16日現在 引用元:マネックス証券SBI証券楽天証券DMM株PayPay証券

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

あわせて読みたい
DMM株証券ならなんと米国株の取引手数料が無料!実際に口座開設してみて良かった点悪かった点を紹介!! こんな人におすすめ 米国株投資に興味がある投資出来るお金が少ないからとにかく安く投資してみたい!DMM証券って米国株の取引手数料が無料だけど、実際利用してどうな...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次
閉じる