【米国株ETF】全米市場に分散投資!VTIの今後の見通しは?

  • URLをコピーしました!
こんな人へおすすめの記事
  • 米国ETF投資に挑戦している、興味があってやってみたい!
  • 全米市場にまんべんなく分散投資されたVTIの特徴について知りたい
  • 他の高配当ETFとどう違うの?
  • VTIに投資をしている人の体験談を知りたい




ギール
ギール

こんにちは!

ギール(https://twitter.com/reizublue)です!

2020年から米国株と日本株への投資をスタートし、含み益5万円突破!米国株と日本株の資産だけで30万円ほど投資している20代投資家です。

2021年12年に発売された『ジェイソン流お金の増やし方』という書籍で紹介された米国株ETF VTIについて解説しています!

このブログを最後まで読んで面白いと感じましたら、Twitterのフォローをお願い致します。

https://twitter.com/reizublue

なお、『ジェイソン流お金の増やし方』について詳しく知りたい方はこちらで紹介しています↓

あわせて読みたい
【ジェイソン流お金の増やし方】はシンプルに資産形成出来る良書 こんな人におすすめ 投資をこれから始めたい20代から30代の投資初心者 最近、厚切りジェイソンの投資本に興味がある 投資をやった事のない人が読んでもわかる本を探して...
  • VTIとは
  • 主な特徴
  • 配当金の推移
  • 他の高配当ETFとの比較
  • VTIは買いか
目次

VTIとは

正式名称バンガード・トータル・ストックETF
ティッカーVYM
公式ホームページVTI – ヴァンガードの総株式市場ETF |前衛 (vanguard.com)
主な投資対象米国市場のすべて
連動指数 CRSP US Total Market Index(インデックスティッカー:CRSPTM1)
信 託 報 酬0.03%
配 当 利 回 り1.29%
配当回数3,6,9,12月
組み入れ銘柄数4,136 (2022年2月現在)
設 定 日2001年5月31日

VTIとは、バンガード社が提供する米国株ETFで

CRSP US Total Market Index(インデックスティッカー:CRSPTM1)と呼ばれる指数に連動するETFです。

この指数は米国株式市場の大型株から小型株までほぼ全てをまるっとカバーしているのが特徴で、これに連動するETFのVTIは米国市場ほぼ全体に投資するETFだと言えます。

米国の全体のパフォーマンスが反映されやすい投資であるため、米国にまるごと投資をしたい方におすすめ!

主な特徴

VTIの特徴は以下の通りです。

VTIの特徴
  1. 構成銘柄が世界市場№1の米国株を広くリスク分散している
  2. 信託報酬が0.03%と圧倒的に低い
  3. 主要保有銘柄がアメリカを支えている「GAFAM」

構成銘柄が世界市場№1の米国株を広くリスク分散している

VTIの最大の特徴は、米国市場の小型株、中型株、大型株合わせて4000銘柄以上に分散投資されているところです!

そのため、世界のETF時価総額ランキング3位を記録するほど人気のETFです。

時価総額が大きいということは世界中から資金が流入しているということになり、自然と出来高も増えるため、直近の10年の年平均リターンを見ると15%ハイパフォーマンスを誇ります!

まさに、米国の株式市場全体を買うと言っても過言ではないです。

なお、バンガード社の公式ホームページの文章は英語の部分を日本語に翻訳しているため、日本語としておかしい部分がありますのでご了承ください。

信託報酬が0.03%と圧倒的に低い

2つ目の特徴は、運用リターンが高いにも関わらず信託報酬が0.03%とお得な点です。

いくら利回りが高くても投資の世界では手数料が0.1%変わるだけでも投資成果が大きく変わると言われているため、長期的なリターンが高い


主要保有銘柄がアメリカを支えている「GAFAM」

下記画像は2021年12月31日時点でのVTIの組み入れ銘柄TOP10になります。

今はFacebookからメタに社名変更していますが、今のテクノロジーをけん引しているGAFAMが一通り組み込まれており、前代で25%の割合を占めています!

その恩恵もあり、株価の推移は何回もの暴落に見舞われながらもしっかりと右肩上がりの上昇を続けています。

そのため、今後も右肩上がりで上がり続けます!

配当金の推移

ここまで、特徴を解説していきましたが

肝心の配当金はいくらでどのくらいの推移なのかをみてみるとこんな感じです!

株価と配当金(分配金)が右肩上がりに上昇していて好調ですが、それに伴って2019年を境に減少し2022年では1.51%まで落ち込んでいます。

元々高配当を目的としたETFではないため仕方ないですが、値上げ益で稼ぐキャピタルゲインと配当金で稼ぐインカムゲイン両方狙えます!

そのため、前述した厚切りジェイソンのようにVTIのみでFIREを達成することが可能と言えます。

他の高配当ETFとの比較

ここまで、VTIを紹介しましたが

VTIとよく比較されるETFであるS&P500に連動したVOOと比較していきます。

VTIVOO
運営会社バンガード社バンガード社
ベンチマークCRSP USトータル・
​マーケット・インデックス
S&P500
投資対象米国市場全体米国株大型銘柄
構成銘柄数4,136銘柄507銘柄
経費率0.03%0.03%
設定日2001年2010年

VTIとVOOはどちらもバンガード社が提供するETFで、VTIが設定から約20年経っているのに対してVOOは設定後訳10年ほどの運用期間となっています。

どちらも経費率が同じく安いですが、VOOの構成銘柄が1/8の507銘柄と少ないです。





VTIは買いか

私が思うVTIのおすすめ買付タイミングは以下の3つだと思います。

  1. VTI一択のシンプルなでFIREを目指す
  2. 投資信託と同様に毎月の定期買付をする

VTI一択のシンプルなでFIREを目指す

米国株ETFに興味があるけど、一歩を踏み出してみたいと思った時

そんな時にお試しに購入するのはどうでしょうか?

個別株とは違い、広く分散されているので、初心者向けとも言えます。

また、『ジェイソン流お金の増やし方』ではVTIの積み立てだけでもFIREを達成できるので投資銘柄をシンプルにまとめたい方にもおすすめです!

なお、VTI一択の投資手法や考え方などは厚切りジェイソン著書『ジェイソン流お金の増やし方』に掲載されています!

是非手に取ってみてください。

created by Rinker
¥1,430 (2022/07/03 23:23:00時点 楽天市場調べ-詳細)

なお、実際に読んだレビューはこちらで紹介しています↓

あわせて読みたい
【ジェイソン流お金の増やし方】はシンプルに資産形成出来る良書 こんな人におすすめ 投資をこれから始めたい20代から30代の投資初心者 最近、厚切りジェイソンの投資本に興味がある 投資をやった事のない人が読んでもわかる本を探して...

投資信託と同様に毎月の定期買付をする

iDeCoや積み立てNISAのように、インデックス投資、つまり値上がり益(キャピタルゲイン)を狙って定期購入するのに最適な米国株ETFだと思います。

かつてリーマンショックを耐えた実績を持っているので、コロナショックを考えてもバランスが取れていることが分かります。

つまり、キャピタルゲインも十分狙えて分配金も安定しているのです。

まとめ:インデックス投資

今回は実際に投資している、VTI(バンガード・トータル・ストックETF)についてまとめました。

  1. 構成銘柄が世界市場№1の米国株を広くリスク分散している
  2. 信託報酬が0.03%と圧倒的に低い
  3. 主要保有銘柄がアメリカを支えている「GAFAM」

VTIは米国市場のカバー率がほぼ100%となっており、米国市場全体に投資が出来るETFとしてかなり有名です。

米国市場全体に投資が出来るということもあり、組み入れ銘柄数が4139銘柄とかなり多くの銘柄に分散投資されています。

大手ネット証券3社や他の魅力的なネット証券でも取り扱っているということもあり、ただでさえリターンが高いVTIのパフォーマンスをさらに向上させることが出来ます。

1,000円からVYMに少額投資可能!

投資に回せるお金なんて少なくていろんな銘柄に分散投資できない

このような株初心者の方も多いと思います。

特に私たち20代だと未だに年功序列が残っているためか、給料が安く株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね…

そんな方に自信を持ってオススメできるのがPayPay証券!

日本株や米国株に1,000円の少額から取引することができます。

連続増配で有名になった花王も

1株3000ドル台(日本円で約33万円)ともう手に届かないAmazonも

もう1万円以内で投資出来ないほどに株高になっているVYMも

ぜーんぶ1000円から小額で投資出来るのが凄いです!

PayPay証券なら1000円から少額投資 PayPay証券はトヨタ、花王、三菱商事などの日本株やAmazon、apple、コカ・コーラなどの米国株の 優良企業に1,000円の少額から投資できます。    PayPay証券 少額からスマホで取引できるので 「株式投資って大金が必要で大変そう」とか「ちょっとお試しでやってみたい」という方に良いかも! 1.スマホアプリひとつで簡単に 2.小額で1,000円から日本や米国の大企業の株主になれる 3.なかなか手が出せないAmazonやappleにも投資可能! これを機会にスマホアプリのPayPay証券に口座開設して、株の少額投資を開始してみてはどうでしょうか?       ▼スマホで気軽に取引▼     PayPay証券       ※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下のレビュー記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

ペイペイ証券 口コミ PayPay証券 paypay証券 評判 | ギールの投資×趣味ブログ (gheer.net)

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます!

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。

読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

こちらの記事では、たくさんある米国株ETFの中から投資初心者向けの銘柄を4つに絞って紹介しています!

これから米国株デビューしたい方にはお勧めできる内容となっています!

ギールの趣味ブログの休日    ...
【米国株ETFで迷ったらこれ!】投資初心者!!おすすめ銘柄の組み合わせ4選!! - ギールの趣味ブログの休... こんな人へおすすめの記事です。 米国株ETFについて知りたい!取り組んでいる 初めて米国株ETFに挑戦したいと思っている たくさん米国株ETFがあるけど、結局どれがいいの?...

こちらの記事では実際に口座開設した特化型ネットのレビュー記事を一挙にまとめました!

SBI証券や楽天証券、マネックス証券といった大手のネット証券にはない独自のサービスやキャンペーンがあるため、大手ネット証券で投資デビューしたけど口座を目的別に分けたいという方にもおすすめです。

あわせて読みたい
【ネット証券は大手だけじゃない】特化型ネット証券をまとめて紹介! こんな人におすすめ 投資に興味があるけど特化型ネット証券が沢山あって迷っている特定の投資商品に特化したネット証券を探している 自分に合った特化型ネット証券を探...
ギール
ギール

今日もブログを読んで頂きありがとうございます!!


このブログを読んで面白いと感じましたら、Twitterのフォローをお願い致します。

https://twitter.com/reizublue

主にTwitterではネット証券の使い心地や投資銘柄の投資情報、投資+ブログ運営状況から

お店応援記事や趣味のガンプラ制作について雑記で発信 !

PostPrimeでは詳しい投資関連に絞っています↓

ギール (@0Um36ynNKKFou) | PostPrime





よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次
閉じる